2020-10-08 iMETHYL を使って多型やeQTL情報と紐づいたメチル化情報を活用する

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

iMETHYLは、いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM)が管理するデータベースです。主にIMMが集計した、日本人のDNAメチル化データが収録されており、DNAメチル化情報やQTL(量的形質遺伝子座) 解析のデータを、変異情報と同時にゲノムブラウザで閲覧することが可能です。2020年8月現在の最新バージョンでは、血球系細胞のデータが公開されています。今回は、乳がんへの強い関連が示されているBRCA1遺伝子と、溶菌作用を持つ酵素であるリゾチームをコードするLYZ遺伝子を例に、その使い方を紹介します。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2020.080

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • データベース
    • 発現解析
    • 変異解析
    • 多型
    • 可視化

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります