マイクロアレイ実験や次世代シーケンシング(NGS)などで得られた大量な遺伝子を扱う際に、どういう機能を持つ遺伝子が変"> マイクロアレイ実験や次世代シーケンシング(NGS)などで得られた大量な遺伝子を扱う際に、どういう機能を持つ遺伝子が変"> Metascapeを使って、遺伝子リストの生物学的解釈をする 統合TV(togotv)|生命科学系DB・ツール使い倒し系チャンネル

2016-09-27 Metascapeを使って、遺伝子リストの生物学的解釈をする

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

マイクロアレイ実験や次世代シーケンシング(NGS)などで得られた大量な遺伝子を扱う際に、どういう機能を持つ遺伝子が変化する傾向にあるかを知るエンリッチメント解析は非常に有用な解析手法です。
Metascapeは、ウェブ上でヒト・マウス・ラットのエンリッチメント解析ができるツールです。リストに含まれる遺伝子にどのような機能を持つものが多いか、クラスタリングなどによって直感的に分析することができます。IDリストのほかタイムコースなどの複数リストデータも使用可能で、複数リスト間のアノテーションについて差分を表示することもできます。
本動画ではMetascapeの基本的な使い方について、説明します。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2016.135

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 遺伝子
    • 発現解析
    • 可視化
    • パスウェイ解析
    • ウェブツール

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります