2015-07-13 生命科学データベース横断検索の使い方

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が提供している生命科学データベース横断検索では、散在する生命科学分野の分子データベースを横断的に検索できるだけでなく、特許や文献とあわせて一括して検索できる Google ライクなサービスです。 研究関連の情報をいろいろな情報ソースから入手したいときや、新規分野のレビュー情報の探索に種類の異なる国内外のデータベースを一括してキーワード検索することが可能なので、それぞれのデータベースサイトにいく手間が省けます。 ライフサイエンス辞書を搭載しているので、キーワードを日本語→英語、英語→日本語に翻訳して一括で検索できるのが大きな特徴の一つです。また分子データベースと総説などとを一度に検索できるので、知りたいことの理解を深められます。特許と分子データベースとを同時に検索できる国内初のサービスです。また、さらに「蛋白質核酸酵素」のバックナンバーやゲノム関連の研究報告書、日本生物物理学会や日本農芸化学会の要旨など、これまではあまり重視されてこなかった日本語で書かれた研究情報の横断検索にも力を入れています。 2015年度版では、新たに刷新されたインターフェースでの検索方法を中心に、2011年度版から新たに追加された詳細検索の機能などについて説明します。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2015.065

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • NBDC
    • 特許
    • 文献検索
    • データベース

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります