2012-08-31 研究者のためのGoogle活用術 ~Google Scholarを中心に~

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

Google Scholarは、学術論文に特化したGoogleの検索サービスです。Google Scholarではその文献が引用された数を元に検索結果を表示するため、引用先の論文を非常に探しやすいという、PubMedには無い利点があります。 この動画は、統合TV「PubMedで論文を検索する」の続編に当たります。 動画内で、自分の論文が引用された際に通知を受け取る機能を紹介していますが、現在Googleアカウントを持っている人は、Google Citationに登録することで、自分の論文の被引用状況をグラフや3つのメトリックス(h-index、i-10 index、被引用総数)で知ることができます。この機能については動画内では紹介していませんが、興味のある方は登録して利用してみるのも良いでしょう。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2012.074

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 文献検索
    • ウェブツール
    • Google

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります