2011-07-26 signalPでタンパク質のシグナル配列を予測する

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

signalPは、タンパク質のシグナル配列の切断部位を予測することができるツールです。Neural NetworksとHidden Markov Modelsの2つのアルゴリズムを利用して切断位置を予測することができます。 今回の動画内では、ニワトリのLysozymeの配列を用いて検索を行っています。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2011.085

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 配列解析
    • タンパク質
    • ウェブツール

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります