2009-08-28 QUMAを使い倒す1、メチル化状態解析モード

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

QUMA(くま):QUantification tool for Methylation Analysis とは、熊木 勇一 氏と岡野 正樹 氏(理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 哺乳類エピジェネティクス研究チーム)によって開発された、バイサルファイト配列の解析ツールです。Bisulfite sequencing法はDNAメチル化の解析に広く用いられている方法ですが、得られた配列の処理と解析は大変困難であり、非常に手間のかかる作業です。このQUMAは技術の成熟度に関係なく、条件が同じなら誰が行っても、たった数秒で同じ結果が得られるという、大変便利で簡単なツールです。QUMAには2通りの使い方があり、用途に合わせて使い分けることが出来ます。今回はメチル化状態解析モードについて紹介します。

見どころダイジェスト

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2009.081

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • ゲノム
    • 遺伝子
    • 配列解析
    • 可視化
    • ウェブツール

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります