2009-06-25 NCBIの構造ツールを使いこなす

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

NCBI Structure Groupのページから、NCBIの提供するタンパク質立体構造関連のツールが利用できます。 これらのツール群は大きく分けてMMDB(Molecular Modelling DataBase)、PubVast(Vector Alignment Search Tool)、PubChem、CDD(Conserved Domain Database)、BioSystemsの5つであり、相互に連携しています。今回の統合TVでは、ドーパミンD1受容体(Dopamine receptor D1)を例に、NCBI構造系ツール群の使い方を解説します。

見どころダイジェスト

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2009.060

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • NCBI
    • タンパク質
    • 構造解析

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります