2009-05-11 HapMapを使い倒す 鎌状赤血球のSNPをさぐる

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

国際HapMap計画は、ヒトの一塩基多型(SNP(Single Nucleotide Polymorphism)、スニップと発音します)のデータベースです。2003年にヒトゲノムが解読されましたが,これはモデルタイプにすぎず,実際には個々人は少しずつ違うゲノム配列を持っています。それらの差異の中で,よく見られるものが今回扱うSNPです。今回は、高校生物で学習する一塩基多型原因疾患である「鎌状赤血球症」を引き起こすSNPを実際につきとめることを目的としています。

見どころダイジェスト

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2009.042

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 遺伝子
    • 多型
    • データベース

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります