2007-12-27 DBTSSを使って遺伝子の発現制御領域(プロモーター領域)を調べる

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

DBTSSは、最新の完全長cDNA配列、またその配列から明らかになった転写開始点およびプロモーター領域の情報を公開しているデータベースです。2007年12月現在、約15000種類のヒト遺伝子やほぼ同数のマウス遺伝子、その他のいくつかの生物種の遺伝子の転写開始点の情報を閲覧することができます。また最近のアップデートで、次世代高性能シーケンサーであるSolexaを用いてMCF7(ヒト乳癌細胞株)とHEK293(ヒト胎児腎細胞株)から得られたデータが閲覧可能であり、より詳細に遺伝子の転写開始点およびプロモーター領域を調べることができます。今回は、今話題のiPS細胞を樹立するのに必要とされる4遺伝子のうちの1つであるSOX2 (sex determining region Y box 2)を例にして説明しています。

見どころダイジェスト

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2007.040

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 遺伝子
    • 配列解析
    • 発現解析
    • データベース
    • NGS

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります