2018-05-09 パワーポイントの図形描画機能で科学イラストを作る・3 〜「3-D」編〜

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

スライドやポスター等のプレゼンテーション用資料に「イメージ通りのイラストがみつからない」、「イラストと色が合わなくて浮いてしまう」、そんなときのために パワーポイント(Microsoft PowerPoint)の図形描画機能(オートシェイプ)でイラストをつくる方法を紹介します。 パワーポイントの図形描画機能を使うと簡単なマウス操作で図形を作成することができ、色や形も自由に設定することができます。これを組み合わせてイラストをつくれば、パワーポイント上で配置しながら、スライドに合わせた色や線の変更も可能です。今回は分子立体構造やマルチウェルプレートのイラスト作成を例に面取り、球体の作成、立体への文字入力など多彩な「3-D」機能の効果的な活用法を紹介します。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2018.107

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 環境設定
    • 可視化
    • ソフトウェア
    • パワーポイント

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります