2018-03-29 COSMIC-3Dを使って がん遺伝子のコードするタンパク質の立体構造を がんで見られる変異の情報と重ねて見る

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

COSMIC (Catalogue Of Somatic Mutations In Cancer) はがんと関連する体細胞変異の情報を集積したデータベースです。
COSMICでは、expert curation data と systematic screen data の2タイプのデータがあります。前者は COSMIC の専門キュレーターにより、投稿論文の情報をもとに手動で入力されたデータで、がんの原因となる変異が報告されている遺伝子をまとめた Cancer Gene Census (CGC) というプロジェクトで挙げられた遺伝子について詳細な情報を提供しています。一方、後者は大規模なゲノムスクリーニングのデータを報告した論文からアップロードされたデータや、The Cancer Genome Atlas (TCGA)International Cancer Genome Consortium (ICGC) などの他のデータベースからインポートしたデータで、前者が既知のがん遺伝子についての情報であるのに対し、後者は新たながん遺伝子の発見に役立つ情報です。
今回は、COSMICで集積されているがん遺伝子の変異の情報をがん遺伝子がコードするタンパク質の立体構造上に重ねて見ることができるツールであるCOSMIC-3Dの使い方を紹介します。

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2018.088

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • ゲノム
    • 遺伝子
    • 構造解析
    • 変異解析
    • 多型
    • 可視化
    • データベース
    • 疾患情報

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります