2009-08-09 Spotfireを用いたマイクロアレイデータのゲノム上の位置情報による統合と可視化

YouTube版を視聴できない方はオリジナル版ファイル(mov形式)をダウンロードして、ご覧ください。

今回の統合TVでは、データ可視化ツールであるSpotfire DecisionSiteを用いたマイクロアレイ解析の一事例を紹介します。概要としては、究極の物理地図であるゲノム配列(golden pathと呼ばれる)を元にして、ゲノム上での各遺伝子の位置情報をマイクロアレイデータと関連付けた後、トレリス(trellis)の機能を使って染色体ごとに分け、ゲノム上の位置の順番に並べて発現比のヒートマップ表示を行う、という流れです。 今回例として用いたデータは、BioGPSで閲覧できるマウスの各組織・細胞株のマイクロアレイデータ(GSE10246)です。

見どころダイジェスト

この動画を引用する際はDOIをご利用ください。 DOI: 10.7875/togotv.2009.077

こちらの番組もオススメ

    キーワードをクリックすると関係する動画・講習会資料・新着論文レビューが表示されます

    • 可視化
    • 発現解析
    • 遺伝子
    • ゲノム

    発表スライドやポスターの作成に便利なフリー画像もあります